放課後デイサービス「トインビー・ホール」及び児童発達支援「プレ・スクール」経営理念

〜教育とは、炎を燃え上がらせることであって、入れ物を満たすことではない〜

目的


一人の子どもを自立した人間として、さらには自由な社会を担っていくことができる人間として育てること。すなわち、名誉や富や権力といった社会的な評価で自分を測るのではなく、自分を測る基準となる軸を自分のなかにもつこと。そして同時に、他者への共感能力にもとづいた公共性をもつこと。つまり自治しうる人間を育てること。

目標


日常生活の中で出会う具体的な問題を子どもが自分で捉え、仮説を立てたりして、自分たちで能動的に解決しようと取り組む。問題解決の過程を通して、法則の理解や科学的思考の方法・能力の習得する。

理念


大切なことは何が与えられているかではなく、与えられているものをどう使うか。つまり自分を受け入れ、備わっている能力を上手く使っていくことで幸福になれる。

 方法


子供を問題発見とその解決にむかわせること。そのために系統的な補助を行うこと。それは、支援者と児童との対話ですすめられること。
児童の自らの活動を重視し、自己学習の能力をめざしつつ、科学の基本概念・学問の構造の獲得。つまり直感と検証を重視すること。

内容・方法


「構造」を学び上手く捉えることができれば、理解力が増す。「構造」とは学ぶ事柄の本質、物事の関連性である。つまり「構造」は大人が上から教えるのではなく、子供自身の「発見」によって学びとることが重要。これは発見を促す興奮の感覚。この発見とは、以前に気づかれなかった諸関係のもつ規則正しさと、諸観念の間の類似性を発見すること。その結果、自分の能力に自身を持つに至ることになる。勉強ができる子は「構造」を捉えるのがうまい。「構造」をうまく捉えることができれば、内容を理解することができる。そして、構造を学ぶとき、大人が教え込むのではなく、「発見」によって子ども自身が学び取ることが大事。
「仮説を立てて検証する」という学びの方法そのものを身につけることが重要。既存の事実を与えるものであってはならない。子供達が学者と同じように「態度」を身につけることが決定的に重要である。発見した知識が重要ではなく、発見するための過程と方法が重要。発見された結果としての「知識」は二次的な意識しか持たない。「分析」より「直感」が重要。単に知識の量を増やすのではなく、未知の現象に触れたときにそれを適切に処理できる様々な考え方を身につけることが重要である。
「教える」のではなく「気づかせる」。つまり自ら内にある真理を体験し、信念を形成する能力を身につける。 

大切な言葉


1.「魂の配慮をせよ」

「魂」とは、その人固有の「人間性」という意味で、『自らの人間性に従い「よい」行為に努めよ』ということ。「魂のよさ」とは、個々人で異なるものではなく、人間に共通する「徳」に基づくものである。「徳」の特徴は、もし人がその徳を知っていたならば、必ずその徳に従って「よい」行いをする。もし人が不正な、「よくない」行いをしたならば、それは「徳」を知りながら不正を行ったのではなく、そもそも「徳」を正しくは知らなかったということ。
 

2.「樹木は幼い時に保護してやり、幼い時に助けてやれば、地上からまっすぐに天に向かって伸びて行く」

 子どもが人生で出会う様々な困難を克服するためには、その子の関心や願いが育つように教育することが重要

遵守事項


  • 1.大人があれこれ教えるよりも、子どもが自発的に行動し、大人はあくまでも援助する存在であるべき。
  • 2.知識を与える前に、その道具である諸器官を完成させること。感覚器官の訓練によって理性を準備する教育を行う。知識の埋め込みよりも、運動や様々な経験を通して子どもの心身を鍛えることを最優先に考える。
  • 3.教育は生活の過程そのものであり、将来の準備ではない。要らない知識を無理やり詰め込む必要はない。子どもの興味・関心に従って、教育内容は構成されること。

保護者と支援者の役割


真情が最も深く動くのは親。そこには抱く我が子の成育がある。日々に相触る子等の生活がある。欺うも自ら育とうとするものを前にして、育てずしてはいられなくなる心、それが親の最も貴い育ての心。
我が子を育てて自ら育つ親、子等の心を育てて自らの心も育つ教育者。育ての心は子どものためばかりではない。親を育てる心である。
子供から好かれる、尊敬される、喜ばれるといったことが一番重要。子どもは「あんなふうになりたい!」と憧れを持てば、言われなくても一生懸命努力する、大好きな人が言うことや教えてくれることは、しっかりと心に刻んでいく。子どもにかかわる大人は、何より「子どもにとってうれしい人」であること。

理念


 
 

トインビー・ホール


 

放課後デイサービス

 

プレ・スクール


 

児童発達支援

 

アクセス


 
 

お問い合わせ

CONTACT



株式会社 肝属環境サービス
〒893-1605 鹿屋市串良町上小原1972-1
(レストラン森小休同敷地内)
TEL 0994-45-5611   携帯080-9246-8290
Eメール toinbe@eco-pig.net